2018 S/S シーズンコレクション

最新ヘアコレクション

エキセントリックグラデーションボブ

重めバング×柔らかシルエットがつくるアンニュイな空気

個性的な眉や目もとの魅力を前面に引き出す、深く下ろしたバングが特徴。全体は中間から毛先にかけて徐々に軽さを出し、襟足も少し長めに残して、不思議な危うさを生み出している。

シルエットの重みをコントロールするのがカラー。ライトスモーキーシルバーをベースに、バングの真ん中の中層部のみ、さらに明るい色をのせている。厚みを残したまま色でシースルー感を演出する試み。

シーズンコレクションに戻る

ラウンドベリーショート

丸みを残したフォルムで優しさと洗練を

レイヤーのしっかり入ったベリーショートのグラデーションスタイル。襟足を思い切りタイトに締めてミニマムな印象をつくりながら、サイドに少し重さを残すことで、丸みのある立体感と柔らかさを演出。

グリーン系のアクアマットを全体に施し、ハチの部分とフロント、そして襟足にピンク系のハイライトをオン。反対色を取り入れることで、ハッとするほど印象的なコントラストが生まれる。

シーズンコレクションに戻る

アクティブベリーショート

深いレイヤー×ピンクで強さと女らしさが共存

顔まわりにもトップにもしっかりレイヤーを入れ、丸みを排除して、意志の強い女性を演出したベリーショートスタイル。前髪はリバースに、トップは内巻きにパーマをかけ、自然な動きをつくり出している。

耳まわりのカラーがアクセント。ボーイッシュになりがちなベリーショートを女らしく仕上げるため、ライトスモーキーピンクをベースに、右側の耳まわりにレッドを入れて遊び心を演出。

シーズンコレクションに戻る

シャイニーミディボブ

重さのあるボブが生み出すノーブルな輝き

軽くレイヤーを入れつつも、しっかりウェイトを残したシンプルな肩上のボブは、上品なツヤ感を楽しみたい。シルエットはシンプルに、隠し込んだカラーで個性を演出するのがポイント。

ダークトーンのアッシュカラーを全体に施し、アクセントとしてハイトーンのオレンジ系ビビッドカラーを襟足の内側ともみあげにくっきり入れて。ハッとするほど鮮やかなインパクトが。

シーズンコレクションに戻る

ラフワンレングスボブ

ゆる巻きで仕上げる、リラックスした女性を表現

ドライヤーで無造作に乾かしただけでも雰囲気が生まれる、少し前下がりのワンレングス。後ろ姿もスマートに映るよう、内側でボリュームコントロール。ゆるく巻いて、こなれた女っぽさを演出したい。

バイオレットがかったベージュと柔らかいシルバーグレーで地毛の赤みを抑えつつ、顔まわりに明るいシルバーのハイライトを。髪をかきあげるたびに、表情がパッと明るく照らされる。

シーズンコレクションに戻る

スウィングウェーブミディ

春風にのせた花びらのように、軽やかに舞う

春夏の軽やかに過ごしたい季節に似合う、優しい動きを意識したパーマスタイル。表面にレイヤーを入れ、前髪とトップは立ち上がりをつけ、サイドとバックは内巻きに。動くたびに揺れる表情豊かなヘア。

ラベンダーアッシュを、フロントからサイド、バック…と、後ろに向かって色みを締めたグラデーションに。さらにもみあげの縦ラインにブルーバイオレットのハイライトを入れ、ツヤ感を演出。

シーズンコレクションに戻る

モードミディワンレングス

強い目力を引き出す、おしゃれモードスタイル

顔まわりのみ角を取って丸みを出しつつも、全体は重めに揃えた、ワンレングススタイルのアレンジ。目の上ギリギリでワイドに取ったバングが目力を際立たせて、ブローするだけでモード感が生まれる。

ライトスモーキーピンクを、毛先に向けて明るくなるグラデーションでトーンアップさせ、もみあげの一段上に赤の隠しハイライトを。風が吹き、髪を耳にかけるたび印象的な赤がチラリ。

シーズンコレクションに戻る

ダイヤモンドミディボブ

ノーズバングとひし形ラインでシャープな魅力

厚みを残したワンレングスに、トップからミドルセクションにかけて表面にレイヤーを施したスタイル。ひし形シルエットが顔立ちに立体感を生む。ノーズラインのバングが、かきあげる仕草を美しく彩る。

柔らかいコーラルベージュをベースに、カッパーを左のもみあげと右の耳裏に縦に隠し込んで。右耳に髪をかけたとき、ロングイヤリングのように見える、アクセサリー感覚のカラー。

シーズンコレクションに戻る

ソフトフェミニンワンレングス

攻めの赤を隠し持つ、華やかレディライク

強すぎない女っぽさ、がテーマ。ブラント感のあるバングは、ラインとすき間が共存したモードすぎないデザイン。後ろはワンレングスの厚みを残しながら、トップに少しだけストロークカットを施して。

攻めたエキストラレッドをベースに、フロント部分はさらにゾーンカラーで大胆に。モードっぽくなりすぎないよう、バレイヤージュでランダムに入れることで、動きを感じさせるのがポイント。

シーズンコレクションに戻る

スペイシーストレートロング

まっすぐ揃えたシルエットが近未来感を演出

センターパートで潔く揃えたノンレイヤーの水平ストレートスタイル。薄く取ってリップラインまで揃えたひと束のストランドがアクセントに。無機質なデザインが、アーティスティックなニュアンスを生む。

プラチナとラベンダーアッシュを掛け合わせたグレージュブラウンをベースに、右のこめかみ近くと左のみつえりにアクセントとしてブルーをひと束。青みを帯びた白肌の美しさが際立つ。

シーズンコレクションに戻る

スタイリッシュレイヤーミディ

前後で変化をつけた、戦略的な重軽バランス

後ろは重さを残して今っぽい量感に、顔まわりには大胆にレイヤーを入れてパーマを施すことで、光を取り込んで、日本人の顔立ちに立体的な陰影を生む。オイルベースのスタイリング剤でツヤっぽく仕上げて。

ニュアンスのあるプラチナベージュをベースに、バイオレットがかったグレージュを少しプラスして。毛量の多いヘアでも重くならず、夏らしいみずみずしさのあるツヤ髪に。

シーズンコレクションに戻る

クールワンレンボブ

ハラリと落ちるツヤ髪が大人の魅力を映す

トレンドの前下がりのショートボブ。表面はワンレングスにしながら、内側の毛量調整でスリークにまとめている。本来の髪のツヤの美しさを生かした、シンプルな大人スタイル。カラーで遊び心をプラスして。

表面は柔らかなプラチナベージュで赤みを抑え、右のこめかみから下の内側と左の毛先の内側にブリーチを施してグリーンのインナーカラーを。ふとかきあげたときにチラ見えする遊び心。

シーズンコレクションに戻る

Page Top