2017 S/S シーズンコレクション

最新ヘアコレクション

モードショートボブ

端正なラインを印象づけるL字カットと大胆カラー

襟足ギリギリラインのショートボブ。ラインが象徴的に見えるよう耳の後ろはタイトに、全体は厚みを残して面を見せて。ワイド&ショートバングが顔の奥行感を演出し、直線的なカットラインが横顔の端正なL字ラインをより印象的にきめる。

耳を起点に前後で分け、前は明るめのウォームベージュ、後ろはダークブラウンでカラーリング。アクセサリー感覚で色の分け目部分にはブルーを入れてポイントに。

シーズンコレクションに戻る

アシンメトリーボブ

旬の“重軽”バランスに無垢な個性をプラス

切りっぱなしの短い前髪が子どもっぽく見えないのは、アシンメトリーなショートボブだから。表面にレイヤーが入っているので、アイロンでワンカールさせて毛先に動きを出し、マット&なめらかな質感に仕上げればよりあか抜けた印象に。

ベースのピンクレッドに加え、表面に出ない髪の内側に、ホイルワークでアッシュグレージュのインナーカラーを施し、オリジナル性の際立つツートンに。

シーズンコレクションに戻る

ハイブリッドショートマッシュ

多様な要素をミックスしてオリジナル性を表現

マッシュ系カットをベースに、内側はツーブロック、トップにレイヤーを入れた技のハイブリッドで魅せる最新ショートマッシュ。前髪はウエット、それ以外はドライな質感に仕上げて。ヘアもファッションのように個性に合わせて楽しむのがトレンド。

プラチナ系のベースカラーに、フロントとトップにハイライトとローライトを交互に入れて陰影をつけることで、ショートスタイルに躍動感を。

シーズンコレクションに戻る

ボリュームミディロング

浮遊感と媚びない前髪で完成する大人のストリート

表面にグラデーションを入れた、やや前上がりのロングスタイル。毛先は細かな束感で全体に浮遊感をもたらし、セミウエットな質感で大人の抜け感をプラス。ゴージャスながらも肩の力の抜けたストリートスタイルに。

髪に、より透明感を出すためプラチナ&アッシュ系のグレージュでカラーリング。根もとは暗くして、あえてムラっぽくすることでナチュラルな印象を演出。

シーズンコレクションに戻る

カジュアルワンレンボブ

軽やかウエーブ×セミウエットな束感で作るハイカジュアル

テーマは冬のサーフガール。計算された抜け感は、切りっぱなしのワンレンボブをベースに、顔まわりと表面のレイヤーによる動きで演出。仕上げはランダムなウエーブを、セミウエットな質感で毛束を強調すれば肩の力の抜けたスタイルが完成。

マットベージュのベースカラーに、ホイルワークの自然なムラがほどよいアクセントになり、グラデーションカラーをモードに昇華。

シーズンコレクションに戻る

カジュアルモードボブ

フェースラインで踊る軽快な毛先が時代にフィット

前下がりのショートボブをベースに、表面に軽やかな動きを出したスタイル。可愛くなりすぎないのはセミウエットな質感によるもの。重いフォルムと軽やかな毛束が“重軽”バランスを叶え、ファッション感度高めの印象に。

重く見えがちなウエットスタイリングでも、立体感と軽やかな動きが生まれるのは、細かなハイライトを表面に散らしているから。ベースカラーはマットベージュで赤みを抑えて、ほどよくクールに。

シーズンコレクションに戻る

“重軽”ウエーブロング

ラフなボリュームで魅せる最旬フェミニンスタイル

トップのレイヤーと、毛先には厚みを残した、ゆるやかなAラインのロングスタイル。安定感と空気感が両立し、パーマでナチュラルな印象に仕上げる。重ためのアウトラインと、目にかかるくらいの“うざ”シースルーバングで今らしい“重軽”バランスに。

トレンドのブロレンジ(ブロンド×オレンジ)をベースに、耳の後ろに太めのハイライトをオン。内側からちらりとのぞくハイライトがウエーブやアレンジに合わせて異なる表情をもたらす。

シーズンコレクションに戻る

アバンギャルドロング

内に秘めた紅で攻める個性派エレガント

顔まわりに入れたマッシュバングのようなレイヤーと、前下がりのアウトラインで個性が光るロングスタイルを演出。スタイリングは、毛先にしっかりカールをつけて、フェースラインとアンダーラインの両方にエレガントな動きをもたせて。

スタイルの内側に、深みのある赤をベースにハイライトとローライトをジグザグに入れ、外側はダークブラウンにすることで、内側のカラーとなじみ、自然なツートンに仕上がる技ありカラー。

シーズンコレクションに戻る

エレガントミディボブ

大人の品に抜け感を。カールで魅せるマチュアスタイル

ミディアムボブをベースに、顔まわりに前上がりのレイヤーを入れ、パーマで動きと束感を。立ち上がった根もとから毛先にかけてのゆったりとしたカールは、今の時代に欠かせないラフさを内包する新エレガントスタイルと言えそう。

ツヤ感のあるプラチナベージュをベースに、つむじから円を描くように同系色のハイライトを入れ、髪の内外両方の毛流れを立体的に見せる。

シーズンコレクションに戻る

フレンチショートマッシュ

意思あるカットラインに大人の色香が宿る

前髪からもみあげにかけてのラインにこだわった、アシンメトリーな大人のショートマッシュ。ポイントは根もとを立ち上げ、もみあげと襟足はタイトに抑えて、フォルムの立体感を見せること。ドライな質感に仕上げることで、新鮮な印象をもたらしつつ、ボリュームも出しやすくなる。

丸いシルエットが可愛くなりすぎないよう、顔のまわりに引き締め効果のあるローライトを入れる。ベージュ系のベースカラーに、つむじを中心に放射上にハイライトを散らすことで立体感を強調。

シーズンコレクションに戻る

Page Top