Dianist Eclat Bouncing Retouch ディアニスト エクラ [バウンシングリタッチ]

根元の白髪がガマンできずに仕方なく自宅で染めている方へ

テクノロジー

ディアニスト エクラがサロンリタッチカラーを支援

  1. 1.アルカリを増やさず、放置時間10分でグレイカバー
  2. 2.放置時間が前後しても暗くなりにくく、しっかり染まる
  3. 3.エイジングケア成分で根元から弾む髪に

商品情報

リタッチに最適なカラーバリエーション

根元の白髪を10分でナチュラルに染めあげます。

白髪量30%に染めた場合のイメージ

1剤

サロン専用

ディアニスト エクラ

全6色相 39色 1剤 80g
(医薬部外品)

特長

白髪が気になる根元部分に塗り漏れなくしっかり塗布できる粘度設計

商品詳細情報はこちら

ディアニスト エクラ
[バウンシングリタッチ]

全3色相 10色 1剤 80g
(医薬部外品)

特長

早く、ふんわり、キレイに染め上げるエイジングケアリタッチカラー
※年齢に応じたケアのこと

2剤

サロン専用

デベロッパー 6

2剤 1000mL
(医薬部外品)

特長

新生部や健康毛のカラーリングに

デベロッパー AC4.5

2剤 1000mL
(医薬部外品)

特長

染まりやすい新生部や既染部にダメージを軽減しながらもリフトが可能

ヘアケアアイテム

SALON PROGRAM 前後処理の常識を髪の中からくつがえす、サロンプログラム誕生。

よくあるお客さまからの質問

ホームカラーとサロンカラーの違いはなんですか?

お客さまお一人おひとりに合わせたカラー提案が可能

サロンカラーでは髪のダメージ状態に合わせて薬剤を選定・塗り分けできるため毛髪への負担を必要最低限にしながら、色ムラの少ない色持ちの良いカラーができます。

カラーを繰り返すうちに毛先のくすみが気になります。
リタッチと全体染めのおすすめ周期は?

来店頻度や白髪量にもよりますが
リタッチ2~3回に全体染め1回程度

毎回全体をグレイカラーで染めていると既染部に染料が蓄積し、毛先のくすみが気になる場合があります。白髪が気になってきたらリタッチで新生部のみグレイカバーを行い、2~3回に一度、全体染め(色み補正)していただくサイクルがおすすめです。

色持ちをもっとよくするためには?

ご自宅でのホームケアや注意点についてお伝えしましょう

〈例:ヘアカラー直後のシャンプー方法〉

  • ヘアカラー当日:シャンプーを控える(髪を濡らさないのが理想的)
  • ヘアカラー翌日:極力シャンプーを使用せず、お湯ですすぐ程度に
    (毛先にダメージがある場合は軽くトリートメント)
  • ヘアカラー3日目~:通常通りにシャンプー&トリートメント

また、髪を洗う際にはぬるめの温度(約38℃)で洗いましょう。

カラーの色移りを防ぐには?

髪が濡れている時間を最小限に

ヘアカラー直後はお風呂上がりなどに色の薄いタオルを使用すると色が付着することがあります。髪を濡れたままにしておくと衣類などにも色が付着する場合があるので早めにドライするようお伝えしましょう。